ピル効果

ピル効果/低用量ピルの効果や副作用について詳しく説明します

ピル効果

 

ピルのこと知って得をする?それとも知らなくて損をする?

 

ピル効果・・・・・本当はピルを使用したいのにちょっと苦手だし、怖いな!!

 

なんて思う人は間違いです。もしかしてピルの副作用のことが気になるのではないでしょうか・・・・・

 

ピルはまったく怖くありません!!

 

それに副作用も低用量ピルならほぼ安全です。

 

低用量ピルであなたも自分の体調をコントロールして心身とも健やかな毎日が送れるようにしましょう!!

 

なぜかというとピルは女性にとっては良いものだからです。皆さんは先入観でもの事を判断してしまいがちですがそれはダメです。

 

もっとピルのことをしっかり理解し適切な判断をしましょう〜

 

ピルのこともっともっと詳しく教えて!!

 

ピル効果とはどんなことが効果的になるのでしょうか?

 

ピル5つの効果とは・・・・・

 

★月経量の減少(今までは月経量が多かったのですが低用量ピルのおかげで減少したことはとても効果的)

 

★肌荒れが解消された。(ニキビ、ふきでもの、湿疹などできやすかったのが急に減ってきた。かゆみも治まった。)

 

★生理痛が以前に比べるとなくなった。(前は会社を休むくらいひどかった。)

 

★生理不順(生理不順と生理が1ヶ月も早くきたりまたはその逆で1ヶ月もこなかったりすることをいいます。ようするに生理が決まった日に定期的に来ないことをいいます。)

 

★確実な避妊効果はすばらしい。(避妊に対してはほぼ安全だということです。)

 

ピルのお薬はどんなものですか?

 

低用量ピルは一般的に皆さんが使用しているお薬です。

 

卵胞ホルモン剤の量によって異なりますが低用量ピル、中用量ピル、超低用量ピル(認可がありません)の3つがあります。

 

低用量ピルは1日、1回1錠を服用しますが飲み忘れ防止にカレンダーなどや飲む時間を決めてスマホのタイマーを利用するのも効果的でしょう。

 

ピルはこのように女性にとっては嬉しいことだらけなのであります。あなたも使い方によっては健康な毎日を送ること間違いなしです。

 

ピル効果いつから

 

ピルを上手に使用するにはどうしたらいいのですか?

 

ピルの避妊効果はいつから?」と言う問いによく耳にすることが多くあります。

 

意外にピルのことはよくわかっていない人は多いのではないでしょうか?

 

100%のうちの80%ぐらいは、はっきりわからない人が多いと思います。

 

でもなぜなのでしょうか・・・・・

 

@ピルのイメージが悪い?

 

Aそれとも副作用が気になる?

 

B自分自身が怖いので使用するのがためらう。

 

Cピルに興味がない。関心がない。

 

D健康面に問題がある。

 

なぜ皆さんはこんなにも快適でリスクも少ないピルを利用しないのでしょうか?

 

副作用のことですがピルも種類があります。

 

☆低用量ピル・中用量ピル・超低用量ピル・高用量ピルの4種類あります。

 

その中でも低用量ピルは副作用はほとんどありません。

 

それなのに皆さんピルについて無関心、興味がない人が多いということはよくないです。

 

もっとピルについて興味をもち知識を豊富にすることで無関心が関心を持つように変わるでしょう〜

 

ピル効果避妊はいつからですか?

 

ピルは飲み始めてから一週間から効果が表れます!!

 

「生理初日から飲めば避妊効果になります。」と言われますがこれはどういう意味かといいますと生理初日から3日間目までは排卵しないからです。

 

排卵は14日後に起こるため5日以降は気をつけなかればなりません。

 

ただし5日以降に飲み始めた場合は注意が必要となります。

 

5日以降に飲み始めた場合は7日後では12日になりますので排卵日はまだ来ていないということになります。

 

排卵日まであと2日ありますが、まだこの時点では要注意が必要です。

 

この時期に体調の変化など調子の悪くなることもありますので他の避妊方法も選択しながら服用することをおすすめします。
その方が安全だからです。

 

女性の体は複雑でホルモンのバランスが悪いとすぐに体調が変化して毎日の生活の支障ともなりかねません。すばやい対応で自分をピルによって変えられことができれば嬉しいことです。

 

ピルを使用することで体調がよくなるのはありがたいことです。あなたも低用量ピルの詳しい知識を身につけることえおおすすめします。

 

低用量ピル効果

 

低用量ピルとは何ですか?

 

低用量ピルには何があるのでしょう〜

 

低用量ピルには卵胞ホルモンの「エストロゲン」と黄体ホルモンの「プロゲストロン」の二種類のホルモンがあります。

 

二つの女性ホルモンがかみ合ってこそ成り立つものです。

 

しかしどちらのホルモンのバランスがくずれても体調が悪くなりますので気をつけなければいけません。

 

なので女性の体は非常にデリケートだということを自分でよくわかっていることが大事です。

 

この二つの女性ホルモンの働きによって妊娠したと錯覚をおこし排卵を促すホルモンの分泌が抑制することによって排卵が止まります。

 

低用量ピルはいつまで飲むことができますか?

 

よく聞かれるのが低用量ピルは閉経後も服用をしていいのでしょうか?という質問です。

 

閉経後は低用量ピルよりホルモン剤がいいと言われています。

 

閉経後、閉経間近の人はホルモン補充治療(HRT)がよいといいます。

 

それは低用量ピルが強すぎるからだと思われますが40代後半ではエストロゲンが減少しているのに低用量ピルを続けるのはホルモン量が多すぎるからだといえましょう!!

 

30代で飲み続けどこで切り替わったらよいのでしょうか?ということですが体の不調、体調の変化はもちろんのこと生理の量や日数が2,3日で終わてしまうなどさまざまですがこういった症状が出た場合はなるべく早くホルモン補充を30代後半から40過ぎぐらいから飲むことをおすすめします。

 

女性は更年期なる前にホルモン剤をお薬を飲んでいただいた方が体の調子がだいぶ変わります。
もし低用量ピルをどこまで続けていいかわからなくなってしまったらかかりつけの医師に相談してください。

 

人は年齢とともに体調の変化を感じやすくなってきます。自己管理をしっかり身につけて気持ちもおおらかなでいたいものですね。

 

体の体調がおかしいな!!と思ったらすぐに低用量ピルをおすすめします。

 

ピル効果避妊いつから

 

ピルのメリット避妊効果

 

ピルはどんな薬かといいますとホルモンが入っているお薬です。
その中でも一般に多く服用されているのが低用量ピルです。

 

ピルは世界でも多くの人々に愛されており中でも欧米ではピルはなくてはならない存在だと言われています。
日本は欧米と比べるとピルの使用率がまだまだだと言われていますがいかがものでしょうか・・・・・

 

私自信もピルを服用した経験がありませんのでどんな時にどような場所で使用したらいいのかをは自分で把握をしなくてはいけません!!
きっとわからなくてもいいと思っている方はたくさんいるといらっしゃると思います。

 

それをみずから知識を身に付けることも必要です。
なので皆さんに説明をしてぜひ理解をしていただきたいと思います。

 

 

ピルのメリット

 

●一般的には低用量ピルですが体調の度合いによって中用量ピルを使用する人もいます。

 

●臨まない妊娠を防ぐのにはとっても効果的です。

 

●ホルモンのバランスが悪くなると生理中に起こる苦痛や体調不良などを和らげる効果がある。
(その中で5つの嬉しいことがあります)

 

@月経痛・・・・・鈍痛の鈍い痛みから激しい痛みなどの生理痛が酷く不快感な気持ちになる人は低用量ピルを服用すると痛みが薄れ次第に和らいでくれるので助かります。

 

A月経困難症・・・・・朝が起きられなくて仕事にもいけないほど立ち眩みやめまいなどの症状でる人。酷い人は吐気や頭痛にも襲われる場合もあります。

 

B月経不順・・・・・毎月決まった日に生理はきますが1カ月に1度来るはずの月経が突然のように来なかったり、2、3週間来なかったりバラバラにきたりします。そういった時のお助けには低用量ピルが一番です。

 

もし万が一3ヶ月以上生理が来ないようでしたら婦人科の医師に相談することをおすすめします。

 

Cお肌が改善される・・・・・湿疹や吹き出物、ニキビなどにとっても良いとのことです。血用量ピルを飲むことによってお肌の吹き出物やニキビなどが改善できるという報告があります。

 

吹き出物やニキビは徐々に薄くなる傾向があります。
1、2ヶ月ではそんなに効果はないですが長い間使用していると効果がでてきます。

 

湿疹もホルモンのバランスだと言われていますが2ヶ月ぐらい服用してあまり効果得られないようでしたら婦人科の医師と相談してくいださい。
                                                                           ピル効果""

 

ピル効果期間

 

自分自身を守るためにあなたがあなたらしく

 

あなたがあなたらしく生きるために自分自身のことよく知りあらゆることに対処しながら自分を守ってあげなくてはならない場合もあります。

 

その時あなたはどうしますか・・・・・
ピルはそんなあなたのために役立つすばらしいものです。

 

ピルは避妊効果にはもちろんのこと月経による体調の悪さ、犯罪によって女性だけが巻き込まれ妊娠するケースなど肉体的にも精神的にもダメージをうけてしまう前にピルを服用していただきたいと思います。

 

ピルはあなたにとってなくてはならないものです。

 

ピルのすばらしさをあなたに教えてあげたい!!

 

低用量ピルとは何ですか?

 

ピルの中では副作用が少なくもっとも安全性の高いものです。

 

避妊効果はもちろんですが月経不順や月経痛、出血量の減少などや月経が定期的にくるようになります。

 

そしてあらゆるスケジュールも合わせやすくなるのでとても助かります。

 

なのでそういったことで今では低用量ピルは若い人にも人気がでてきている傾向があります。

 

いやな気持にならなくてすむしピルをうまく活用することで毎日の生活を楽しく過ごせることが大事であるということをよくわかっているのではないのでしょうか・・・・・

 

ピル効果期間は?

 

低用量ピルは生理初日に飲めば妊娠しません。最初の初日といっても最初の3日間は排卵がしないので大丈夫なのであります。

 

排卵日は14日後なので5日以降は気をつけなけらばいけませんね。

 

ただし5日以降は注意が必要となります。

 

5日過ぎに服用しますと一週間後は12日というのでまだ排卵日まで2日あるというわけです。

 

2日前だと危ないので気を付けなくてはいけないということなのです。

 

低用量ピルは本当に優れもので避妊効果は皆さんから絶大なる支持もあります。

 

ホルモンのバランスにより月経などの体調が悪くなったりする人や困難になる人とさまざまな問題をかかえている人もいます。

 

低用量ピルを使用することによって自分が変わるかもしれません

 

あなたたはあなたらしくすばらしい毎日を求めて・・・・・

 

ピル効果なし

 

ピルは本当に効果があるの?

 

ちまたではピルは効果がないという説があります。それって本当なのですか・・・・・

 

ピルを服用しているのに全然効果が感じられず困っている人もいます。

 

逆にピルを服用していて副作用だけ残ってしまったという例も数少なくありません。

 

ピルを無理して飲み続けて体調がすぐれなかったり不快感な気持ちになるようなら違う方法を考えて対処すべきです。

 

精神的に負担がくるようであればもしかしたらピルは合わないと思った方がいいかもしれませんね。

 

最近「PMS」になっている人が多いとのことはご存知ですか?
自分では気が付かない人もなかにはいるようです。

 

もしかしたら「PMS」ではないか・・・と感じたらそれは早目に治すようにしてください。

 

「PMS」とは何ですか?とよく聞かれることがありますが「PMS」とは日本語では「月経前症候群」といいます。
月経の2、3日前から体の不調が起こることをいいます。

 

意外に「PMS」のことを知らない方は多いのでこの機会に「PMS」「月経症候群」のことを覚えておきましょう!!

 

もしピルを服用していて効果が感じられなかったら違う方法での治療方法を見つけましょう〜

 

ピルが効かない理由はさまざまですがどんな対策が必要でしょうか?

 

●PMS対策での食事や生活習慣の見直しをはかる。

 

●ピルが自分に合わないのかも・・・

 

●ピルが効かない理由を知る

 

●ピル以外の対策法を考える

 

●PNS対策の漢方やサプルメントの使用

 

このような方法で医師とも相談して決めるようにしていけば「PMS」対策は順調にうまくいくことでしょう〜

 

ピルが合うかあわないかはピルを使用してみないとわかりませんがどのような方法であっても自分がこれがよいと思ったことはするやるようにしてください。

 

とにかくピルを服用して体調がよくないと感じたらピルを飲むのをやめましょう。
そして「PMS」対策に切り替えるにしてください。
あなたの毎日を健康な体とともに過ごせるそれが一番大事なことですから・・・・・

 

ピル効果""

 

ピル効果いつまで

 

ピルのことをしっかりわかっていますか?

 

★ピルのことをまだよく理解していない人はたくさんいらっしゃいます。

 

前にも述べたようにピルの主役は主に低用量ピルのことを言っているのがほとんどです。

 

ピルは経口避妊薬で二種類の「黄体ホルモンと卵胞ホルモン」入っているお薬です。

 

★ピルの種類は21錠タイプのピルと28錠タイプのピルがあります。

 

21錠タイプのピルとはどんなピル?

 

●21錠タイプのピルはすべて女性ホルモンが含まれており21錠を1日1錠服用します。その時に毎回決まった時間に服用しなければなりません。
その後、すべて(21錠)飲み終わったら7日休薬します。

 

ココがポイント

 

「この7日間の間に生理が来るのです。」

 

●生理は7日の休薬期間にくることをお忘れなく!!(個人差があるのでいつくるかわかりません)

 

●7日の休薬期間が終わったら(8日目から)新しいシートを服用してください。

 

28錠ピルはどんなピルですか?

 

●28錠タイプのピルは「28錠入っている中の21錠はホルモンが入っていて残りの7錠は女性ホルモンは入っていません。

 

「偽物」が入っています。偽物はなんの効果もありませんので気をつけてください。

 

●21錠タイプと同じように毎日決まった時間に1錠飲んでください。その後は21錠と同じように偽薬に入ると生理がくるということです。
●偽薬を7日間休薬することで飲み忘れも防げるし一石二鳥ですね。

 

●全部飲み終わったら次の日から飲むようにしましょう。

 

段階別で細かく分類してみるとこんな感じになります。

 

段階別でもっと詳しく見ると1相性ピル2相性ピル3相性ピルと別れています。

 

1相性ピルは・・・・・ホルモンの含む量が一定だということすなわち同じだということです。

 

2相性ピルは・・・・・ホルモンの量が二段階に変化します。

 

3相性ピルは・・・・・ホルモンの量が三段階に変化します。

 

一相性ピルは一定の量になっているので自分の調整に合わせやすいという利点があります。一般的にはこの一相性ピルを使用する人が多いです。

 

二相性ピルや三相性ピルを服用する人は自分の体調がすぐれず一相性ピルでは効果が得られない人が使用する場合もあります。どちらにしても自分に合わせて選ぶとよいでしょう。

 

★このようにピルにはホルモンの量の違いや段階別に分けて服用する方法があります。さまざまな問題がありまだまだピルに対しては深刻な悩みをかかえる女性は少なくありません!!
つねに前向きピルを使用し自分に合わせてピルを服用するようにしましょう〜
ピルはあなたの味方です。

 

ピル効果はいつまで

 

どうしてピルが避妊できるのでしょうか?

 

 

それは女性なら誰もが排卵そして出産といたるのですがその排卵が必要不可欠なのであります。

 

排卵は脳からの分泌されたホルモンが脳の刺激によって起こりますがピルを上手に使用すると脳がホルモンの分泌を抑え、卵巣で排卵が起きなくなります。

 

それは脳の中で黄体ホルモンと卵胞ホルモンがいっぱいですよということなんです。

 

ようするに「女性ホルモンがいっぱいで充分にあるということなんです」が受精するものが体になければ排卵がないため確実に妊娠は避けられます。

 

ピルの中でも低用量ピル排卵させないだけでなく、受精卵が子宮に着床すのを防ぐ働きがあるといわれています。

 

その他に精子が入り込むのを防ぐ効果もあるといわれて最近では低用量ピルを使用する人も多くなってきました。

 

 

低用量ピルは21錠タイプと28錠タイプがありますがどちらが多いかといいますと28錠タイプの方が多いです。

 

28錠タイプのピルは21錠服用して7日間休薬します。
この7日間は偽薬を飲むわけですがこの7日間の期間を休薬期間と呼びます。

 

7日間の休薬期間中は避妊効果は得られないと不安もあるでしょうが避妊効果はしっかり得られます。

 

ただし飲み忘れや飲み間違いがあると避妊効果は得られないでしょう!!

 

しっかり注意しながら休薬期間中であってもきっちり飲んでいれば避妊効果は大丈夫です。

 

ピル効果時間

 

ピル効果時間!あなたはどのくらいピルのこと知ってますか?

 

ピルは避妊薬としては皆さんもご存知だと思いますがそれだけではないんです!
ピルは私たちにとって強い見方なんです!

 

ホルモンバランスがくずれると月経不順、月経痛、月経困難症、にきびや吹き出物などが起こります。
これらの症状を改善するために低用量ピルを服用します。

 

ピルはどのくらいで避妊効果がでますか?

 

ピルは飲み始めて一週間で効果がでます。まず飲み始めて避妊効果が出始めてその後毎日継続しながら服用すると避妊効果が持続します。

 

月経が始まって5日以内で服用すると効果が表れます。

 

通常ですと生理初日から服用する方がいつ飲んだかわかりやすいすなわちピル飲み忘れがないのでよいとのことですが。

 

ピルは21錠のタイプと28錠タイプのピルがあります。

 

例を出してわかりやすく説明してみましょう!!

 

21錠タイプのピルは生理が始まって生理初日に服用したとします。毎日同じ時間にピルを1錠づつ服用します。

 

21錠を全部飲みきったら7日間休薬します。

 

7日間休薬したらまた次の2シート目に移り毎日飲み続けてくださいね!!

 

28錠タイプのピルは28錠のうちの21錠はすべて飲みきりこれもやはり毎日1錠づつ同じ時間服用します。

 

残りの7錠は何も入っていないお薬ですがこれもすべて飲みきります。

 

ちなみに何も入っていないお薬のことを「偽薬」といいます。

 

ピルは太りますか?

 

ピルを服用しても太ることはないでしょう。
まれにピルを服用して太ってしまう人はいます。

 

個人差がありますがピルを服用すると食欲がわいてきて食べる量が増えてくる人がいます。

 

ピルの飲み忘れの対処法は

 

ピルをうかり飲み忘れたことはありませんか?

 

私はものすごーく忘れやすいので心配です。

 

簡単に忘れないコツは一定の決まった時間に服用することをおすすめします。

 

1日ぐらいの飲み忘れでしたら問題はないです。

 

12時間以内でしたらピルをすぐに服用すれば大丈夫です。

 

ピルを2日以上飲み忘れた場合は服用中止をしてください。

 

これが3日、4日も同じことです。

 

ピルの服用を中止をして最初の生理(消退出血)がきたら1シート目の1錠を服用開始してください。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ